弁護士WEB マーケティングとは?

弁護士、法律事務所のためのwebマーケティング

弁護士業界で広告が解禁になってから5年以上がたちました。皆様は今の弁護士業界の広告ラッシュをどのように感じてらっしゃるでしょうか?電車に乗って、債務整理の広告を見ない日はありません。町のいたるところで見かけるようになり、一般的な広告によって、果たして集客につながるのか。費用対効果があるのか?そのように感じてらっしゃるでしょう。電車広告などの広告費はご想像通り非常に高価です。雑誌やイエローページも思った以上に広告費がかかります。また、週刊誌、フリーペーパーなどは目に入る期間はせいぜい1週間や数週間。この短い期間しか広告効果はありません。そして、まったく弁護士を必要としていない人が見た所で、結局集客には結びつきません。

ではインターネットではどうでしょうか。インターネットでHPにきてくださるお客様は今現在弁護士を必要としている人々です。お客様自らが探して、HPに来て下さるのです。100人の電車、雑誌の広告を見た人、方や100人のHPに来てくれた人。どちらのほうがお客様になってくれる人数が多いかは明白です。