マーケティングの具体例

すべてを見せる事が大事

自分が仕事を頼みたい相手を選ぶ時、その人の人となり、雰囲気など、色々な要素で無意識的に選別し最終的に選びます。色々なノウハウや情報など、喜んで出したいものばかりではない事も多いですが、けして出し惜しみする事なく、できる限り情報量の多いHP制作を心がけましょう。
メリットだけ書いてもいけません。デメリットも書くべきなのです。正直な人は非常に誠実で、信用に値します。その安心感が大事ですし、情報が多い事で頼りがいがあると感じるでしょう。

弁護士専門ホームページ制作なら 弁護士WEB

ストーリーが必要

ある程度の必要事項が載っているホームページ。これでは何が不十分なのでしょうか。
先ほど説明したお客さんが求めているものをある程度把握する事が出来ると、お客様がこのサイトに入った後、どこをどう見て、どう感じ、最終的に法律相談の予約を入れてくれるかがイメージできるはずです。
HPの中もわかり易く、そして読み進みやすく作り、しっかりとホームページを開いた瞬間から実際の事務所の玄関をノックしてもらうまで、これを順序立ててストーリー性をもって把握し、サイト上に形にする事によって大きな集客につながるのです。

必要なのは感動

なぜ法律事務所のホームページで感動が必要なのか、いまいちわからないかもしれません。しかしこの感動こそが大きく人の心をつかむのです。
感動、つまりその人の心を動かす事で、ほかの事務所ではなく、この事務所、この先生が良い。と選ぶ理由になるのです。
人生で何度とない大きな問題を抱えやってくる人にとって一番必要なのは心の支えだという事をぜひ理解してHPを制作して下さい。